「命」と「いのち」

10月14日は、大学のスクーリングで大阪、日帰り出張でした。講師は医療法人社団ナラティブホームの佐藤信彦先生。人には2つの「いのち」があるとされていて、生命体としての「命」と、ものがたりとしての「いのち」ということでした。作業療法士として業界に飛び込んだ身ですので、医療モデルを中心とした「命」を大切にすることを当然としてきましたが、今日の講義によれば、生命体としての「命」だけでは人は幸せになれないとのことでした。作業療法士は、人を「作業的存在」として捉えますので、今日の先生のお話には大きな共感を覚えました。「命」と「いのち」、この両方のバランスをとりながら、対象者の方を支えていけるように努力したいです。以下ナラティブホームさんのホームページです。早速先生の著書を購入しましたので、届き次第読みたいと思います。

http://www.narrative-home.jp/

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%8A%E3%83%A9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%96%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%81%AE%E7%89%A9%E8%AA%9E-%E7%B5%82%E6%9C%AB%E6%9C%9F%E5%8C%BB%E7%99%82%E3%82%92%E3%81%95%E3%81%95%E3%81%88%E3%82%8B%E5%9C%B0%E5%9F%9F%E5%8C%85%E6%8B%AC%E3%82%B1%E3%82%A2%E3%81%AE%E3%81%97%E3%81%8B%E3%81%91-%E4%BD%90%E8%97%A4-%E4%BC%B8%E5%BD%A6/dp/4260020986