活動・参加に向けたスクリーニング評価

病院のリハビリ科に勤めていた頃に感じていたことですが、入院患者さんの高齢化と重複障害、入院歴の複雑化が、ここ最近増えてきた気がします。そうなると、評価のとっかかりとしての情報収集に、生活歴の聴取がますます重要になります。IADLのスクリーニングとして、Lawton IADLはいかがでしょうか。食事・家事・洗濯の項目は、男性の非評価項目となっていますが、最近の男性は家事をなさる方が増えていますからね。カットオフ値は、8項目中3項目以上0点があれば、退院時(3.06倍)及び退院後6か月時点(2.21倍)の死亡や施設入所など、オッズ比が有意に高くなるという報告があるようです。これを踏まえると、ICFにおける活動・参加への評価、介入の重要性がうかがえますね。当施設においても、ケアプランに応じた活動・参加へのアプローチを大事にしていきたいです。

評価表は下記をクリックお願いします。

 

Lawton IADL