認知症高齢者の自動車運転について

国立長寿医療研究センターより、「認知症高齢者の自動車運転を考える家族介護者のための支援マニュアル」が発表されています。認知症の分類である、アルツハイマー型、レビー小体型、前頭側頭型、血管性の4つの特性と、運転にまつわる事例などが丁寧に紹介されています。また、法律や免許更新の流れも紹介されております。75歳以上であれば、更新の際に認知機能検査を実施し、記憶と判断力をチェック、その結果に応じた講習を受講することになっているようです。その後更新となり、特定の交通違反があった場合、適性検査が行われ、認知症と診断されれば、免許取り消しまたは停止となるようです。

自動車を運転する意義についても、調査結果が紹介されています。7割の方は「単なる移動手段」としてですが、残り3割の方は「楽しみ・生きがい」となっています。運転中止にあたっては、拒否される場合はその理由把握と、返納後の対応を検討することが必要であるとされています。移動手段がなくなることは、生活範囲を狭め、活動機会や人と接する機会が減ることが予想されるため、注意が必要ですね。認知症対策として免許を返納したにも関わらず、こういったことが原因で認知症が進行してしまっては、なんとも皮肉なものになってしまいます。そうした方への支援サービスについても、地域密着企業として貢献していければと思います。以下がリンク先です。

 

※「認知症高齢者の自動車運転を考える家族介護者のための支援マニュアル©」 国立長寿医療研究センター 長寿政策科学研究部 http://www.ncgg.go.jp/department/dgp/index-dgp-j.htm