自立支援に向けた事業者へのインセンティブについて

[pdf-embedder url=”https://aizu-riha.com/wp/wp-content/uploads/52e8f054e48b1670faa18889b3b53fb2.pdf” title=”8月23日介護給付費分科会”] [pdf-embedder url=”https://aizu-riha.com/wp/wp-content/uploads/835ae0f6e3267000e80c5628cd228325.pdf” title=”かわさき健幸福寿プロジェクト”]

まだ具体的な内容は明らかになっていませんが、分科会資料22ページに各自治体における介護サービスの質の評価としての取り組みが載っています。注目は神奈川県川崎市の取り組みです。要介護度やADLが改善した場合、サービス全般をチーム単位で評価し、報奨金50,000円、市長による表彰、ホームページや検討会での公開、認証シールの交付などがなされているようです。「かわさき健幸福寿プロジェクト」で検索してもらえれば、詳細が分かります。この、「サービス全般をチーム単位」という点がいいですね。申し込み代表者はケアマネジャーで、各事業所が一丸となって取り組むケアを後押ししてくれそうな取り組みです。

来年度の介護報酬改定で、どのようなインセンティブがされるのかわかりませんが、機能訓練をしっかりできる体制は整えておりますので、今後の制度改定情報に注目しながら運営していきたいと思います。