創作活動も充実させていきます

作品と向き合って自己表現することの大切さは、平成23年の震災時に、福島県作業療法士会の避難所訪問をした際に改めて確認できたことでした。もちろん、脳機能や運動機能向上を目的としたリハビリテーションとして利用されることも多いですが、個人的には精神・心理面への影響が大きいと感じます。沢山の創作活動を準備しますので、その中から自分が取り組みたいことを選んで頂き、一緒に作れればと思います。文化祭や健康祭りなどへの、作品展示も視野に入れています。