最新情報

要介護度の維持・改善度合いについて

おかげ様で、開所から2年目を迎えることができ、これまで90名近くの方にご利用頂きました。

当施設利用中に、要介護認定の更新があった方について、データを集計致しましたところ、更新があった方17名中、改善が5名、維持が10名、低下が2名という結果となりました。

維持・改善率は88%となりました(維持58%、改善29%)

この数値が高いのか低いのかはわかりませんが、利用者の皆様がケアプランに基づいて日常生活を頑張って過ごされた結果だと感じます。

自立支援型の地域ケア会議も、会津地方においても多くの自治体で取り組まれ、介護保険においても自立支援の原則が改めて注目を浴びています。

「町の身近なリハビリ所」として、今後も皆様と一緒に頑張っていきたいと思います。

Aさん 女性 要支援1⇒要支援2

Bさん 女性 要支援1⇒要支援1

Cさん 男性 要支援2⇒要支援2

Dさん 男性 要介護3⇒要介護2

Eさん 女性 要介護2⇒要介護1

Fさん 男性 要介護3⇒要支援1

Gさん 男性 要介護5⇒要介護5

Hさん 女性 要支援2⇒要支援2

Iさん 男性 要介護4⇒要介護2

Jさん 女性 要支援1⇒要支援1

Kさん 女性 要介護2⇒要介護1

Lさん 女性 要介護1⇒要介護1

Mさん 男性 要介護2⇒要介護3

Nさん 女性 要支援1⇒要支援1

Oさん 女性 要支援2⇒要支援2

Pさん 女性 要介護2⇒要介護2

Qさん 男性 要介護1⇒要介護1

介護用品購入助成券の登録通知を頂きました(会津美里町)

この度、会津美里町家族介護用品購入助成券支給事業における町が指定する薬局等の登録について、指定を頂きました。

これまで杖関係商品などを中心に、福祉用具関連の販売を行ってきましたが、これにより会津美里町の助成券を使って、オムツ関連商品をお買い求め頂けるようになりましたので、よろしくお願いいたします。

リハビセンター藤川の東側出入口下駄箱です(南側もやって頂きました)。色々と使い勝手が悪くて悩んでいたところ、ある利用者さんが中板を加工して下さって1段を2段にしてくれました。これにより、靴の収納力が2倍になりました。

不自由な右手でも、横方向に釘が打てるようになりました。体の構造上、ハンマーを水平に振るというのは難しい動作ですが、これをクリアするのには「アテ」を作ることが重要です。前腕を下駄箱の縁や自分の体につけて、その先を「柔らかく」振るんです。初めはうまく釘にあたらないことも多いですが、ハンマーの重さと手の握り具合が馴染んでくると、うまく振ることができるようになります。

お近くにお立ち寄りの際は、ぜひご覧ください。

じゃがいもの植え付けを終えました

大変暑い一日でした。某ケアマネジャーさんから頂いた「アク」をつけて、じゃがいもの植え付けを終えました。種イモの断面に灰をつけることで、腐りにくくなるそうです。

「アク」はまだまだ沢山ありますので、欲しい方が気軽にお声かけ下さい。夏には美味しいじゃがいもが収穫できるよう祈っています。

 

秋植え玉ねぎ

昨年秋に植えた玉ねぎに、追肥をしました。利用者さんに手伝ってもらいました。マルチの穴の中に、ひとつひとつ丁寧に肥料を入れてくれました。昼食時間が過ぎてしまったのですが、「俺らだけ食ってこれに食わせねえわけにいかねえ。」と、最後まで丁寧に追肥して下さいました。美味しい玉ねぎができそうで楽しみです。

大阪府立大学地域リハビリテーション学コース修了

先日大阪府立大学の地域リハビリテーション学コースを無事修了することができました。前職場で訪問看護ステーションに勤務していた際に、地域リハビリテーションに興味を抱き、それに特化したカリキュラムとして設けられていた同コースを受講し、1年間勉強しました。同期生はほとんどが大阪近郊の理学療法士、作業療法士であり、福島の方々とは一味違ったエネルギーを頂きました。

個人的な印象ですが、地域リハビリテーションにおいては関西や四国、九州の方が、東京を含めた東日本より発展しており、元気で挑戦的なリハビリ職が多いと感じます。今後も「いつまでもあなたらしく」をサポートするという企業理念に基づき、よりよいリハビリテーションサービス提供のために精進していきたいです。そのためには、他地域での取り組みにも高いアンテナを張っていく必要がありますので、積極的に情報交換をしていきたいと思います。

玄関用踏み台を製作して頂きました

母屋に祖母が住んでいるのですが、ご近所の方も足腰が弱ってきておられますので、先日手すりを設置致しました。この度段差解消用の台についてある利用者さん(A様)にご相談したところ、早速写真のファックスを頂きましたので、材料を揃えて製作して頂きました。玄関のネズミ返しにもピッタリ収まり、安定性抜群で祖母は大喜びです。A様、どうもありがとうございました。

毎度のことですが、木工作業は設計と準備、手順が大切です。今後も勉強を重ねていきたいと思います。